さいたま市岩槻区の生命保険・損害保険の有限会社マナカ

有限会社マナカ 保険代理店

ケーススタディCase Study

福井地裁で「もらい事故」で賠償義務負う判決が出されました!

この事故は、センターラインをはみ出した車同士が衝突し、はみ出した側の助手席の男性が死亡した事故ですが、直進してきた対向車側にも責任があるとして、遺族が対向車側を相手に損害賠償を求めた裁判です。

事故が起きたのは、2012年の4月30日の朝に発生した事故で、福井県のあわら市で、男子大学生(当時19歳)の運転する乗用車と会社役員(当時44歳)が運転する乗用車が衝突し、男子大学生が運転する乗用車の助手席(車の持ち主)に座っていた男性(当時34歳)が死亡してしまった大事故。

この裁判では、福井地裁の原島麻由裁判官は「対向車側に過失がないともあるとも認められない」とした上で、無過失が証明されなければ賠償責任があると定める自動車損害賠償保障法(自賠法)に基づき「賠償する義務を負う」と認定し、対向車側に4000万円余りの損害賠償が、4月13日に訴訟の判決言い渡しがあった。同様の事故で直進対向車の責任を認めたのは全国で初めてである。

この判決については、当方での主観ではなく、客観的には自動車事故を考えてみました。まずは、自賠法(自動車損害賠償補償法)では、運転者が自動車の運行によって他人の生命、身体を害したときは、損害賠償するよう定めています。
この自賠法では、加害者は自分に過失がなかった事を証明できない限り、被害者に対する賠償義務を負わなければなりません。

加害者に責任がない事を立証する場合、以下の3点があります。
① 自動車の運行に際し注意を怠らなかった事
② 被害者・運転者以外の第3者に故意または過失があった事
③ 自動車に構造上の欠陥・機能に問題がなかった事
しかし、これらを証明するのは大変困難であり、ほぼ無過失責任が認められています。

自賠責保険では、被害者救済目的で、被害者に有利な認定・運用がなされますが、その限度額を超えた場合や物損事故の場合は、事故処理は民法がベースになります。民法は過失責任を原則としますから、賠償義務は、加害者の過失割合分のみに変わります。要は、民法で有れば任意保険での処理と言う事になります。

自動車事故では、双方に過失が問われるような事故形態では、両者の承諾がなければ事故解決しません。基本的には自分に有利になるように主張するためには、相手側の過失を提示・立証、相手が認めて過失が修正される事になります。いくら任意保険に入っているからと言って、保険会社にすべて任せるには、自分で主張・立証をしなければいけません。自分に有利になるように主張する以上は、大切なことなのです(それでも相手が認めるかどうかは別で、最終的に決着がつかない場合は、司法による判断を仰ぐしかありません)。

この福井地裁「もらい事故」判決は、運転していた大学生が、居眠りで運転操作を誤り、センターラインを越え対向車に衝突したが、判決では「対向車の運転手が、どの時点でセンターラインを越えた車を発見できたか認定できず、過失があったと認められない」とした一方、「仮に早い段階で相手の車の動向を発見していれば、クラクションを鳴らすなどでき、前方不注視の過失がなかったは言えない」と、過失が全くないとの証明ができないとした。直進してきた対向車側にも責任があるとして、遺族が対向車側を相手に損害賠償を求めた。

自動車事故には、いろいろな背景があるが、この場合、一般的には、過失割合の配分が一方的となりそうな事故なのですが、はみ出した車は、任意保険加入はしていたもの、家族限定の特約を付けていたために、家族以外が運転して事故が起きても任意保険が使えず、この車に乗り死亡した男性の遺族補償が出来ずにいた。と言う訴訟を起こした背景も無視できません。従って、判決(控訴中)は遺族を救済する形となったのです。

そして、自賠法では「人身事故が起これば、自動車同士なら互いに共同不法行為となる。少しでも過失があるとなれば賠償責任が生じる」。一見、「もらい事故」と言う形でも、無過失の証明が出来なければ責任があると言った判決は、死亡した遺族にとっては有難い判決ではないでしょうか。

自動車事故は、一般的に過失割合の責任配分が「100対0」となる事故もありますが、「100」の過失なら全ての責任を負うと言う「常識」を覆す判決だと言う点は、今後の自動車事故においては、契約者と代理店とで充分状況や主張などを話し合う必要は言うまでも無く、保険はどこでも同じではないと言った事は知っておくべきです。保険会社任せにしておいては危険ですよ、信頼できる代理店選びは、みなさんの家族を守ることに繋がります。

この「もらい事故判決」を、ご自身に置き換えて次の事案で考えて欲しいのですが、仮に、貴方は友人の車を運転し、助手席にはその車の所有者を同乗させていた。いつの間にか、
貴方は居眠り運転をしてしまい、センターラインをはみ出してしまい、たまたま対向車線を直進して来た対向車と衝突する事故を起こしてしまい、助手席に同乗していた友人(車の所有者)が死亡した。そして、任意保険の契約内容は「家族限定」、死亡した持ち主への補償は受けられないのです。もちろん、対向車に対しても任意保険での賠償は出来ません。正に「もらい事故」と言えます。

自分に過失がなくても、相手が任意保険に加入しておらず、相手から補償がしてもらえない場合などでも、今回の判決を含め、自己防衛での補償は、易いからといって安易に加入すると、自分で請求しない限り支払いを受けられない人も少なくない。事故には様々なケースがあり、契約内容によっては救済できる仕組みがあることを代理店とよく話し合い、事故例などを聞いて補償内容を決める方法は大切な事です。但し、代理店は全て同じではないので、プロ代理店と言われるところで加入した方がいいと思います。でも、最近は、プロ代理店の中にも素人みたいな人や、センスのない方が保険契約をすると、事故の際、以外と苦労する事をよく聞きますので、お気をつけて下さい。この判決は被害者側が控訴していますので、相手も、助手席の亡くなった方の遺族も、まだ補償されるのは先であり、やはり、相手への賠償と言う時代から、自己防衛で補償を受けられる保険の検討は大切な時代となってきたと言えると思います。

いくら保険料が安いからと言って、役に立たないポンコツな保険では意味がないのです。ポンコツ保険とは、ご興味のある方はご連絡下さい。驚くほど、ポンコツな保険があるので、本当に、いい加減にしなさいと思う事は数多くあるのが実態です。

若い人に多い事故でのトラブル

平成26年2月に、友人とスキーに向かう関越道で、当方のお客様が友人の車を運転して事故を起こした。当初、車の持ち主の母親がこちらのお客様の母親に「保険も入っているから心配ない」と言ってくれたそうだが、持ち主が加入している代理店が、他社運転特約で運転者の保険を使うようにと指示し事故対応を拒否して来た。この場合、他社運転での対応は出来るのだが、問題は、相安易なことではない。この事故では、どのようにして運転をする事になったのかの理由を確認すべきである。そして、4名同乗のこの子たちの連帯での責任を理解させるべきである。そうしないと友人関係が壊れてしまうと言う問題も起こる。今回のケースでは、持ち主が食事をしたいので運転を代わって欲しいと依頼したことが解った。運転させて欲しいとこちらが言った訳ではなかったそうだ。また、どっちの保険を使用するか、しないかは別にして、事故を起こしたからには、運転者が科される罰がある。この事故では、ケガ人が出ているために行政処分と罰金が運転者に科される。そして、相手側、被害車両の持ち主から何度も電話があり怒られ怖い思いをし、お詫びに来いと呼ばれ、その際に慰謝料請求までされた。この方は会社経営の方ですが、最近は、このような無理難題を課す方が多い。私は、乗合時での事故の場合、連帯で責任を負うべきと考えますので、お詫びにはみんなで行くよう指示しました。この事故では、事故当初に同乗者に事故の大変さも理解して貰うような話をする必要があります。そして、そこで初めて、どっちの保険を使うべきかを考えるべきだと思うのです。代理店が安易な判断をし、若い子たちの関係がぎくしゃくしてしまうのは、保険のプロとして失格であると思います。事故では、保険使用よりも大切なことがあります。若い子たちには、事故を起こさないように安全運転を心掛けるようにする必要があるのです。人として、思いやりがなければ事故は減りません。そんな話もすべきだと、その代理店の担当者に連絡はしましたが、電話にも出なかったので会社に電話するも、全く温かさも感じない大型代理店でした。このような代理店が日本には増えていますが、お子さんを守れる代理店をお選びいただくのも大切なことだと思います。

当社は、1つ1つに全力で向き合い、お客様がどんな点を期待しているかを察知し、事故に対してもお客様の経済的、精神的負担がないように出来る限りの事をしております。世間では、これをサービスと言いますが、当方のように真似ができる代理店は少ないと思います。なぜならば、お客様を契約者の1人として付き合うのではなく、人と人との絆を大切にしていますので、温かさを持って接しております。ケーススタディとしましては、まだまだ面白い事や感動していただけるお話しは有りますが、私どもが願うのは、相談することがなくお客様が事故に遭遇しないように、日々の安心と安全を心から願っている保険代理店です。

建物の修理を希望するお客様

当方のお客様の建築業者さんに、見積りを見て貰い適切かを確認して貰えます。また、同時に相見積りを依頼も出来ますので、更に修繕費がお得になる交渉もしています。その後、お客様がその業者さんの仕事を認めていただき、他の案件もそこに依頼したというお客さまも多くなっています。保険事故の確認も、当方と業者さんで原因を見つけ、保険約款に照らし合わせ正当な請求もスムーズです。

火災保険(風災・お客様訪問時に破損を見つけ原因を確認し請求したケース)

お客様の店舗シャッターが破損していたのをお客様の店舗の前を通り気が付いた。直ぐに訪問し、どのようにして破損されたか状況を聞いた。数ヶ月前に、シャッターの柱を取り完全に閉めずにいたところ台風のため強風で煽られてしまい破損したとの事が解かり、修理見積りも20万円を超えていたことから保険金請求を迅速に行い感謝されました。

火災保険(水災・事故の原因は何かを独自に調査して請求に至ったケース)

ゲリラ豪雨により被害が起きてないかと、お客さまに確認をしていた際、雨漏りにより被害を被ったお客様がいた。保険の対象となるかならないかの被害原因を確認するために、お客様である建築業者さんに来ていただき、お客様と3人で建物の被害を確認する。まずは、どうして、このような被害が起き、その原因は水漏れか雨漏りかを調べた。お客さまからの雨漏りの連絡を鵜呑みにせずに、保険対象になる水漏れ原因を確認した。直ぐに保険会社に事故の連絡を入れ、その後、保険会社からの鑑定人が来られ、保険対象事故であると正式に判断され、当然、約款通りでお客様の契約上の権利を遂行した上で感謝されました。

自動車修理工場あっせん

多くのお客様に信頼のできる修理工場をあっせんしています。代車の必要なお客様には、無料代車の準備と、事故で立ち往生した場合には、ロードサービスでは限界があるレッカーも、提携修理工場が現場まで引き取りにも行ってくれます。車検も安心価格での業者さんを紹介し喜ばれています。

自動車保険(遠方で自走不能になったケース)

茨城県土浦市のお客様が、岐阜県の方に旅行に行った際事故に遭遇した。対向車がカーブで車線をはみ出し追突して来た。お客様は直ぐに、事故連絡を保険会社のフリーダイヤルをしましたが、契約車両は自走行出来ない状態、土浦市までどのように帰れば良いか困っていましたが、当方が、個人的に、このような場合に陸送をお願い出来るようにと、お客様である陸送業者に相談をしてあったため、その業者に岐阜の業者を紹介してもらい無事に土浦まで車を持ってくることができて、お客様から感謝され良いお付き合いが続いています。

自動車保険(保険会社に連絡が付かない時間帯に相手が来たケース)

春日部のお客様から事故の連絡をいただき、保険会社に事故登録を直ぐにした。その後、事故サービスセンターの担当者も、迅速に相手に連絡していたが、その夜に、契約者宅に突然「これから行く」と電話があり、2人で家に来て上がり込んで来た。驚くことに「示談をしてやるから」と、迷惑料の支払いを迫って来た。契約者は、この時点では保険会社に連絡が付かなく相談が出来ないが、当方に連絡をしてくれたので、相手に今日は返るようにと促し、事無きを得たお客様は安堵の様子でした。最近は、保険会社に連絡が付かない隙を突くケースで、お客さまも恐怖を覚える事もあり、当方に直ぐ連絡が付く事は安心だと感謝されました。

1 / 11

有限会社マナカ

〒339-0003
埼玉県さいたま市岩槻区小溝691-2

アクセスマップ

プライバシーポリシー

TEL:048-794-4701
FAX:048-794-4830

お問い合わせ

事故に遭われたお客様 24時間・365日 事故対応

自動車保険の事故受付

0120-258-365

三井住友海上

火災・傷害保険等・ご病気等による保険金請求の受付

0120-258-189

三井住友海上